誰でも簡単に出来る交通量調査のアルバイト求人はいかがですか?

交通量調査のアルバイトと聞くと
なんだか難しいお仕事のような気がしませんか?

しかし、このお仕事は誰でも簡単に出来る
なんとも楽で高収入ゲットできるオススメのアルバイトです!

よく道路の片隅に椅子に座ってなにかを数えている人や
横断歩道を渡っている人数を数えている人を見かけた事はないですか?

あのお仕事が交通量調査のお仕事になります。

1日に何人の人が通るのか車は何台走っているのかを
調査するだけのお仕事なので難しいことはありません。

椅子に座って出来るし場所を動かなくてもいいので
人気の高いアルバイトともいえます。

しかし、大変なのが休憩があまり取れないことです!
いつどんなタイミングで人が来るのかわからないし
車は休むことなく通っているので目を離すと
数がわからなくなってしまうのがこのお仕事の
大変なところともいえます。

そして、夏は暑くて冬は寒いので季節影響も
考えなくてはいけないお仕事でもあります。

その他は本当に簡単なお仕事なので
興味のある方はぜひご覧いただきたいです!

1日2日の交通量調査のアルバイト体験談

1日2日の交通量調査のアルバイトで、一緒にやっていた人たちの身分が驚きました。 その日は、やや遠方になる調査で前泊ありの調査でした。 夜、駅前の集合場所で無造作に3人ずつ分け、当日調査のメンバーが決まりました。 相方は、若い男と、中年の男でした。 軽く話したところ、さほどクセのある人たちではなかったから、よかったと思っていました。 マイクロバスで移動、翌朝には現地に到着してあまり交通量のないのどかな民家の間にある道路に降り、 イスを並べて調査しはじめました。 この日はイスを並べておけたため、会話しながら調査ができ、暇つぶしになりました。 会話をしていると、一人は岡山出身でマンションのオーナーというのがわかりました。 その人が一代でマンションを購入したのではなくて親譲りのマンションで、 このほどマンションのオーナーになったようでした。つまりは、相続でオーナーになった人です。 マンションの各部屋を賃貸し中で、その時点では空き部屋がなく全室入居者が居る状態で 家賃収入が入るから食いっぱぐれることはないと言っていました。 日焼けをしないのが、まず美しい肌の基本なのではないかと思います。

最新の記事