トップページ > 大阪府

大阪府

路上に座って行き来する人や自動車の数をひたすら数えていく交通量調査のアルバイト。実際に作業を行っている様子を見たことがある人も多いでしょう。カウンターをカチカチと動かしている姿が印象に残っている人もいるはずです。では、この交通量調査アルバイトはどのような目的で行われるのでしょうか。

このアルバイトは基本的には、国や自治体が募集し、実施されているものです。つまりおもに公的な目的で行われていることになります。交通量を調査することによって、その通りや交差点の状況を確認するのが最大の目的です。交通量が多い状況で、十分な交通整理や設備が行われているかどうか、自動車・歩行者の安全が十分に確保できているかどうかなどの確認がまず行われます。

それから交通量の数によって新たな設備や企業が出店の有無を決める場合もあります。民間企業画実施する場合に多いのですが、その通りの交通量によってビジネスの可能性があるかどうかを確認するわけです。とくにコンビニは交通量が大きな決め手となります。そのほか、マンションを建てる際にも交通量調査がポイントとなります。利便性はもちろん、騒音などの問題も重要となってくるからです。

交通量調査のアルバイトはどこが実施しても内容は同じです。しかしそのデータをなぜ収集し、活用するのか。その目的に関してはかなり多様な範囲に及んでいるのです。アルバイトをする側としてはあまり関係のない話となるかもしれませんが、自分の仕事がどのような形で活かされるのか、交通量調査のアルバイトをしようと思っている人は、知っておいて損はないのではないでしょうか。